寿司職人養成学校に通うこと1年。にわか仕込みの技術で海外移住に挑戦中!

オーストラリア永住権の道

オーストラリア生活 ワーホリ

目指せワーホリ長者!オーストラリアでシェアハウスオーナーになろう!

投稿日:

ワーホリや留学でオーストラリアに来たけどレントが高くてなかなかお金が貯まらない。。

そんな方にはずばりシェアハウス経営がオススメです。

経営と聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、やることといえば

 

・不動産屋から家を借りる

・シェアメイトを募集する

・生活必需品の補充

・トラブル対処(人的、物的)

 

大体このぐらいです。

 

滅多にありませんが、人的トラブルが起こってしまった場合は少し厄介です。他のシェアメイトに迷惑をかける人がいたら強制退去しないといけませんし、もめて裁判を起こされたというケースもあります。

やるからにはシェアハウスに関する法律を理解して何かあれば毅然と対応する、そんなリーダーシップが求められます。

 

逆に言えばそこさえキチンとできるなら後はラクチン。シェアハウスが一度落ち着けばすることはほとんどなくオーストラリアの高いレントを味方に付けることができます。

 

今回はシェアハウスを3年経営してみてわかったシェアハウス経営のノウハウについて書いていきます。レント代を節約したい方や確実に稼げる副業に興味がある人は参考にしてみてください。

 

オーストラリアでシェアハウスは違法?

よく、シェアハウス自体オーストラリアで違法じゃないか?違法じゃなくてもグレーじゃないか?と言われますが、法律に基づいて運営していればもちろん違法でもグレーでもありません。

 

賃貸を規定している法律は

・NSW the Residential Tenancies Act 2010

・QLD  the Residential Tenancies and Rooming Accommodation Act 2008

・VIC  the Residential Tenancies Act 1997

・WA  the Residential Tenancies Act 1987

とあり、この中でシェアハウス可能な条件をまとめているので、それに従って運営していけばいいのです。

 

私が現在シェアハウスを経営しているクイーンズランド州では、上記法律の執行機関としてRTAという州政府の法的機関が存在し、シェアハウストラブルが起きたときは相談にのってくれます。

政府公認で違法なんてことはまずありえません^_^

Sharehouse facts for renters in Queensland

※借地借家法の相談所Tenants Queenslandも、シェアハウス経営についてはっきりアドバイスしています。

 

シェアハウスから得られる収益

出典:不動産投資の教科書

これは人によって様々ですが、筆者の場合は自分の家賃無料+月に$600~1000が手取りです。(部屋数4、自分以外のシェアメイト5人)

収益を増やすための物件選びのポイントは2つあります。

・賃貸料が安い

・部屋数が多い

賃貸料が安い物件を探すコツは、既にシェアハウスをやっている人から引き継ぐことです。不動産屋サイトから探してもいいのですが、前者の方が利回りの高い物件に当たる確率が高いです。探す際は「シドニー シェアハウス オーナーチェンジ」などのキーワードで検索しましょう。毎日チェックしていれば日豪プレスなどでオーナーチェンジの広告を発見することがあります。

部屋数は多いに超したことはありませんが、部屋が多いのにバスルームやトイレが一つしかない物件は考え物です。シェアメイトが快適に過ごせる環境を意識して物件を探しましょう。

 

シェアハウスの始め方

出典:Beyond

不動産屋から新規契約する場合、ネットや店頭で気になる物件を見つけたら、まずは何人住んでいいか確認します。都市部の新しいマンションでは騒音トラブル防止や不動産価値を守る目的で4~5人までのところが多いので、それ以上の人数を希望する場合はこの時点でアウトです。もし人数に問題がなければ物件の内見(インスペクション)に行き、ベッドを置くスペースなどを測っておきます。

一方、既存のシェアハウスを引き継ぐ場合は、家を見せてもらった際にあらゆる箇所の写真を撮らせてもらいましょう。水漏れがないか、補修が必要な箇所がないかも入念にチェックします。オーナーチェンジに付随して既存の家具を丸ごと買い取ってほしいと言われることが多いので、修理が必要な箇所があればその分を家具代から差し引いてもらえるか、もしくは家具代は払うけど受け渡しまでに修理してもらえるかといった交渉をしましょう。交渉できるのはこのタイミングだけです。素敵な物件なら二つ返事してしまいそうになりますが、決定する前に必ず、本当に問題箇所はないか、提示された家具の値段は妥当かじっくり検討しましょう。

物件を借りることを決めたら、借主(リースホルダー)になるための書類を不動産屋に提出します。添付書類として、パスポートのコピー、給与明細、銀行口座の明細照会などの他に「リファレンスレター」という書類も必要になるかもしれません。これはいわゆる推薦状で、第三者にお願いしてこの人は信用できますといった内容の文章を書いてもらう必要があります。

↓リファレンスレターのサンプルを貼っておきますので良ければお使いください。

①今住んでいる家のオーナーに書いてもらう場合

日付

To whom it may concern,

I recommend あなたの名前 who has been my tenant of property 今の住所 as from 入居開始日 upto date.

He has been paying rent on time and incase of any delays he would inform me in advance. He took good care of the property and he left it in good condition. He is a good person, with good behaviour. He relates well with other people. Although he had this problem of playing loud music. We talked about it and he rectified it.

I would rent him my property again and again if he would choose to stay. You can reach me through this number オーナーの携帯番号 for any clarification.

Yours faithfully,

オーナーの名前 (Landlord)

 

②以前借りていた家の不動産屋担当者に書いてもらう場合

Rental Property Reference Letter

日付
To whom it may concern,
This letter is to verify that あなたの名前 has been a tenant in our rental property located at 前の住所 from 契約開始日 to 契約終了日.
The monthly payment is ひと月のレント and has always been paid on time. This tenant has proven to be an upstanding individual and has shown respect to the property and other tenants.
If I can assist you with further information regarding あなたの名前’s residency at my property, please feel free to contact me on 以前の担当者の携帯番号.
Regards,

以前の担当者の名前
Property Manager
以前の不動産屋名
以前の不動産屋の住所
Ph 以前の不動産屋の固定電話

この申請が通れば、不動産屋に初月分のレントとボンド(たいてい1カ月分)を納め、電気、水道、ガス、インターネット会社の契約を進めていきます。

・電力会社・・・Alinta EnergyとAGLが2020年3月時点では最安です。ただ価格競争が激しい業界ですので、契約される方はその都度他の電気会社もチェックされた方がいいと思います。

・水道会社・・・不動産屋が地域の水道局と契約している場合もありますし自身で契約する場合もあります。いずれにしても地域の特定の水道局以外に選択肢はありません。

・ガス会社・・・オール電化の家も多いので契約が必要ないこともあります。必要な場合は電気会社がガスも扱っている場合が多いので、まとめてお得に契約しましょう。

・インターネット(WIfi)・・・筆者はTPGという会社と契約しています。ADSLのインターネット無制限プランがひと月$60なので、速度にこだわらなければここが最安だと思います。もし物件が光回線(NBN)に対応していれば、月額料金はほぼ同じなので迷わずNBNプランを選びましょう。

これで家とライフラインの契約が終わりました。次は「家具、家電集め」と「シェアメイトの募集」です。入居開始日までにすべて終わらせたいので、このあたりは同時並行で行います。

家具、家電の仕入先Gumtree:〇掘り出し物が多い。△英語でのやりとりが必要。
日豪プレス(メルボルンならDengon Netも):〇日本語サイト。×広告数が少ない。
Amazon、ebay:〇ラインナップは無限大。×実物を見て選べない。
Kmart、BigW:〇安い。×家電はよく壊れる。
IKEA:〇デザイン性。訳ありコーナーでたまに掘り出し物。×高い。

インテリアにどこまでお金をかけたいかで変わってきますが、筆者個人の感覚としては「ふとん、家電、食器」等はKmartかBigWで十分です。とにかく安いのでここで集めれるものは集めて、「ベッドフレーム、マットレス、ソファ、テレビ」辺りはGumtreeか日豪プレス(ただしピックアップのために車が必要)を駆使して、破格の値段で手に入れましょう。

シェアメイト募集の広告掲載先日豪プレス(メルボルンならDengon Netも):日本人シェアメイトを募集する場合。
Gumtree、facebook:多国籍なシェアハウスにしたい方用。掲載するとすぐに返事が来ます。

広告掲載後、内見(インスペクション)希望の連絡が届いたら日程調整して早めにやっていきましょう。もし契約開始日の直前になっても全てのベッドが埋まっていなければ、レントの値下げを検討した方がいいかもしれません。

また、住むと約束したのに入居日に来なかった、ミニマムステイ期間やノーティス期日を守らずに退去してしまったなどのトラブルで損失が出るのを防ぐため、入居決定の際には必ずボンド(2週間~ひと月分)を預かりましょう。

 

シェアハウス運営の注意点

  1. シェアメイトは選別する

入居前のインスペクションだけで判断するのは難しいですが、話し方などからその人の性格をできるだけ分析し、シェアハウスの一員として適格かを判断しましょう。筆者はシェアハウス始めたての頃、何も考えず先着順にシェアメイトを受け入れ、そのせいで一度トラブルメーカーを入居させてしまい他の子たちに迷惑をかけてしまいました。すぐに強制退去させましたが、全員が嫌な思いをしたことに変わりはありません。先着順という基本ルールだけに縛られず、入居者全員が安心して住めるようにシェアメイトを選んでいくことが大切です。

  1. すべてのシェアメイトと契約書を交わす

絶対必要というわけではないですが、トラブル未然防止のために作った方がいいです。貴重品の管理や掃除当番といったシェアハウスに住む上でのルールをまとめて最後に同意のサインをしてもらう。フォーマットは何でもよく、ルールに同意したという証拠を残せればOKです。

  1. 不動産屋に全シェアメイトの入居届(Tenancy application)を提出する(※重要)

これを怠っているのが俗に言う違法シェアハウスです。不動産屋は何人住んでいるか以外に、入居者の支払い能力や連絡先なども把握しておく必要があります。不動産屋のインスペクションや業者の点検などでバレた場合、強制退去や罰金の対象になります。面倒くさがらずにシェアメイトの入れ替わり毎に提出しましょう。その方が精神衛生上絶対にいいです。

  1. 家のトラブルはすぐに届け出る

オーストラリアは古い家が多く、水漏れ、部屋にカビが生える、家にアリやネズミが出るなんかは結構普通です。しかしあくまで借りている家ですので、物件にダメージを与えうるトラブルについてはすぐに不動産屋に報告しましょう。こちらの過失でない限り、修理費用や業者を呼ぶ代金は負担してくれます。これを放置しておくと、物件が傷んで損害賠償が発生する、住環境が悪くなりシェアメイトが出ていく、水漏れで水道料金の支払いが増えるなど何一ついいことはありません。

  1. 収支明細をつける

家具家電を揃える最初の段階は最も出費がかさみますが、それ以外でも物が壊れたり、古い備品を新調したりと何かとお金がかかります。買い物の金額も大きいので収支明細を細かくつけながら、まずは赤字をなくす、その後は安定収入を構築していくという感じで、常に収支状況を把握しておくことが重要です。

 

まとめ

筆者は株、仮想通貨、FX、MLM、ブログなどいろんな副業を経験してきましたが、その中でもシェアハウス経営は群を抜いて簡単でした。いい立地、安い物件を見つけることができれば、自分の家賃無料+毎月$1,000程度稼ぐことができます。確かに投資やMLMと比べてしまうと、人生一発逆転といった可能性は少ないかもしれませんが、最初の1カ月ほどで部屋を埋めて備品も揃えてしまえば、それ以降はほとんどすることはありません。自分好みの家にカスタマイズしていく楽しみもあり、入居者も自分で決めることができます。

居心地のいい空間、気の合うシェアメイトとの生活、不動産収入があるって結構楽しいですよ。筆者は趣味のピアノ、卓球台、PS4を買って小学生のようにみんなで楽しく遊んでいます笑

オーストラリア長期滞在予定の方は、日豪プレスなどでオーナーチェンジの広告が出ていないか一度検索してみてください^^

-オーストラリア生活, ワーホリ
-,

Copyright© オーストラリア永住権の道 , 2020 All Rights Reserved.