寿司職人養成学校に通うこと1年。にわか仕込みの技術で海外移住に挑戦中!

オーストラリア永住権への道

オーストラリア生活

《オーストラリア ワーホリ》出国前準備リスト

更新日:

前回までで、なぜ海外に興味を持ったのか、寿司学校では何を学んだのかといった、出国までの経緯をお伝えしてきました。

最後に、出国前の事務手続きや必要書類等についてまとめておきます。

・パスポートの取得(申請から受け取りまで10日ほどかかります)
費用:10年もの 16,000円 5年もの 11,000円

 

・ワーホリビザの申請(取得できるのは31歳の誕生日まで)→申請方法はこちら
費用:A$450(2018年7月時点)

・海外旅行保険加入→僕はAIUのバラ掛けで「傷害、疾病」と「携行品損害」だけ2年契約で加入しました。20万円ぐらいでしたが、1年目の終わりに途中解約して、余った分12万円ほど返ってきました。

・国際運転免許証取得(?)→運転免許センターや警察署で発行してもらえます。2,500円ぐらい。ただし、これがなくてもレンタカーなら日本の免許証(取得後3年以降)で乗れます。車を買う場合でも、大使館に日本の免許証の翻訳を依頼すれば問題ありません。しかも翻訳の方が500円ぐらい安く済みます。

・携帯電話の解約

・住民票を抜く→これはケースバイケースです。住民票を抜くと、住民税、国民年金、国民健康保険の支払い義務がなくなります。が、代償として国民健康保険に加入できない、失業給付を受けられないといったデメリットも発生します。僕はオーストラリアに住むつもりなので抜いてますが、日本に帰ったときに行く歯医者が10割負担になるのがネックです。

こんなところでしょうか。

あと必須ではありませんが、留学エージェントは使った方がいいと思います。僕の場合はSATという、ホームステイ申請費など以外、基本的に無料でサポートしてくれる素晴らしすぎるエージェントさんを見つけました。渡航前には、現地メルボルンの無料エージェントを紹介して頂き、ファーム紹介、学校手続き、家探しなど、今はこちらのエージェントさんに何から何までお世話になっています。
(メルボルンに来られる方には紹介できますのでコメント欄にメッセージお願いします🐼)

 

というわけで、いよいよオーストラリア編突入です!

ブリスベン着 1 April 2016

-オーストラリア生活
-

Copyright© オーストラリア永住権への道 , 2020 All Rights Reserved.