寿司職人養成学校に通うこと1年。にわか仕込みの技術で海外移住に挑戦中!

オーストラリア永住権への道

オーストラリア生活 ワーホリ

パースを3日で遊び尽くせ!キングスパーク~フリーマントル~ロットネスト島

更新日:

初のオーストラリア西海岸に到着!

空港から超ワクワクしてます。なんといってもここはパース。訪れた人が口を揃えて良かったっていう街です。

街や海が綺麗で、人がフレンドリーで、気候が良くて。。

そんなパースを観光してきましたので、写真多めでご紹介します📷

 

パース(Perth)ってどんな街?

  • オーストラリア第4の都市であり、西オーストラリア州の州都(人口204万人)
  • 地中海性の温暖な気候で過ごしやすく「世界で最も美しく住みやすい都市」と言われる
  • 「フレンドリーシティ」と呼ばれるほど、住んでいる人も動物も気候もフレンドリー

空港からシャトルバスに乗って市街地に到着。

美しすぎる°˖✧˖°˖✧˖°˖✧˖°

 

メルボルンのような寒さはなく、街も道行く人もどこか洗練された感じ。

東海岸はどこの街に行ってもアジア人が多かったですが、こちらはローカルのオーストラリア人が多いイメージ。

極めつけに公共バスはVOLVO。さすがお金持ちの西オーストラリア様。

 

2000年に完成した街のシンボル「ベルタワー」

30分ごとに違う音で鳴ります。ベルは全部で18個あり、軽いもので240kg、重いもので1,480kgもあるようです。

 

インド洋まで見渡せる180°パノラマのキングスパーク✨

 

しかし景色そっちのけでポケモンGOな人々w

この辺にはニドリーノが出ました🦏

 

19世紀ヨーロッパの面影がある港町「フリーマントル」

パースの中心から電車で30分のところにあるオシャレな港町フリマントル。

駅を出ると海沿いにカフェやレストランがズラーっと。真っ青な空にレンガ造りのレトロな建物が映え、散歩が気持ちいいです。

 

ラウンド・ハウス(民事刑務所)- 1831年に造られた西オーストラリア州最古の建造物

 

地元の人たちで賑わうフリーマントルマーケット

 

旧フリーマントル刑務所

世界遺産ということで興味が沸きガイドツアーに参加してきました。

結構昔の建物かと思ったら、なんと1991年まで使われていたとのこと!

囚人たちが生活していた独房や、食堂、処刑所までが生々しく綺麗な状態で保存されていました。

(フリーマントルいいなー、でも住むと家賃とか税金高いんやろな~

......フリーマントル、フリーm、、はっ!フリーメイソン!!

バンダバーグで見かけたフリーメイソンのロッジ、もしかしたらパースにもあるかな?

 

検索検索。。。

 

ありましたw

 

しかもシティではなく、本当にこのフリーマントルに。

フリーマントルのフリーメイソン↓

寄り道してまで見に行くというなかなかの変態w

 

世界一幸せな動物クオッカに会いに「ロットネスト島」へ

フリーマントルの船着き場から、沖合18kmのロットネスト島に行くことができます。フェリーの予約はこちら

ロットネスト=Rottnest=ねずみの巣

1696年にオランダのキャプテン・ウィレム・ド・ヴラミンの船がこの地を訪れたときにたくさんのねずみ?が生息していたことでこう呼ばれるようになったんですが

 

キャプテン、それ、ねずみじゃありません🐹

 

正式名クオッカワラビーと呼ばれる有袋類です。 

このクオッカワラビーが奈良の鹿レベルに島中にいるんです。

自転車で散策しながら、クオッカを見つけてはパシャリ。

なぜならば

可愛いすぎやしませんか

 

口角が上がってるので笑ってるように見える☺

そんなクオッカたちを見つけてセルフィーを撮るのが流行ってるらしい。

 

にも関らず

なにしてんねんw

せめて自分ぐらい笑っとかんかい👊

人懐っこさで有名のクオッカくん、僕には心を開いてくれませんでした..

いいんだいいんだ。個人的にはこっちでかなりテンション上がったので。

カツオノエボシ(の死骸)ww

刺されると死に至ることもある猛毒クラゲです。小学生のとき図鑑で見てから、その風貌と猛毒っぷりが印象深く、ずっと興味があったクラゲです。(大学の卒論でもクラゲについて書いたクラゲオタクですw)

 自転車と合体させてみたり(*´ω`)

 

。。。とまあ以上なんですが、なんかいろいろすいませんw

各セクションの最後にポケモンGOとかフリーメイソンとかカツオノエボシとか持ってきてしまって。

 

バッパー寿司。寿司かギターかサッカーがあれば世界放浪はやりやすくなると思います😁

 

もっと日数に余裕があれば、ピナクルズとかウェーブロックとか行きたかったんですが、それはまたの機会とします。何といっても

永住権を取る男だ。

・・ルフィ挟むとすごいちっちゃく聞こえる。

 

さて、次回はいよいよフィリピン留学スタート!物価の高いオーストラリアからのフィリピン。これは楽しいに違いない。

-オーストラリア生活, ワーホリ

Copyright© オーストラリア永住権への道 , 2020 All Rights Reserved.